お知らせ

HOMEお知らせ › 浦添パブリックアートの記録と作家展

浦添パブリックアートの記録と作家展

浦添パブリックアートの記録と作家展

浦添市が1980年代から90年代にかけて、文化都市形成のため、市庁舎やその周辺、公園、道路など市内の公共空間に設置してきたパブリックアートの数々。
作者を代表して、地元で活躍する古堅希亜・喜久村徳男・能勢裕子・能勢考二郎の作品をご紹介しています。
時を経て、アートの街「うらそえ」から人々の暮らしの豊かさや楽しさ、アートを活かした街づくりの可能性を発信する展覧会です。
【開催終了|ありがとうございました】

【催 事】
ギャラリートーク
日時/7月10日(日)16日(土)17日(日)18日(月)
23日(土)24日(日) 14:00~15:00
定員/各回先着20名 ※古堅希亜、前田比呂也、金城聡子等

特別講演会「パブリックアートと彫刻」
日時/7月10日(日)15:00~17:00
講師/砂川康彦(沖縄県立芸術大学 彫刻専攻教授)
場所/浦添市美術館 講堂
定員/先着25名程度 ※お電話にて美術館受付まで申込み
料金/無料

ミュージアムコンサート BENE弦楽四重奏団
日時/7月22日(金)18:00~19:00
場所/浦添市美術館 講堂
定員/先着25名 ※座席なし