理事長挨拶

HOME › 理事長挨拶

2017年 新年のごあいさつ

新年おめでとうございます。

会員の皆様にはご健勝で新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

慌ただしかった中に会員の惜しみないご協力をいただき、事業のひとつびとつに成果をあげながら新年を迎えられることを感謝申し上げます。

友の会作品展や写真講座バスツアー、花うるし野外ライブ等での結束力の強さを有り難く感じました。今後も会員拡大を図りながら活動が活発になることを期待致します。

花うるしギャラリーの活用も増えてきました。更なる活用を期待いたします。

今年も輝かしい年でありますよう祈念申し上げます。

NPO法人 浦添市美術館友の会  理事長 運天政徳

2014年 新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。

多くの地域で豊かな自然風景が急速に消えていく時代の中、県内では見ることができない大自然や田園風景・歴史などの景勝地や美術館に接したいと計画した、昨年の「信州めぐり研修旅行」を実施できなかったことは、非常に残念でした。

今年は、神馬・駿馬などの名言もある午年。いよいよ「浦添八景の選定」事業が始動するかと、期待しながら新年を迎えています。二十五年度事業の「新年会」と「読谷のやちむん市と歴史散歩」には、ぜひご参加下さい!

今年も厳しい経済状況の中でも、友の会を愛し、健康で楽しく、協力し合って充実発展させましょう

浦添市美術館友の会 理事長 与座保子

新年のご挨拶

   NPO法人浦添市美術館友の会 理事長 与座 保子

明けましておめでとうございます。

24年度は、「琉球八景巡り」と「台湾文化の旅」の野外活動も充実し、新年会も趣向を凝らした楽しい会になりそうです。

25年度は、「浦添八景の制定」を熱望し、更に、地域中に文化芸術の風を吹かせる友の会にしていきたいと思います。

蛇は昔は神としても祀られ、物事が起こる・始まるの意で、奮起と発展を表すとも言います。この巳年を一層進歩させていきましょう。みんなで力を出し合って―。

今年も美術館の発展と、皆様のご活躍・ご健康・ご多幸を心からお祈りいたします。

浦添市美術館友の会理事長   与座 保子